about いるみる


いるみるを始めたきっかけ

いるみるを立ち上げたのは2006年。
今よりも工場見学への関心がそれほど高くない頃でした。

サラリーマン生活に区切りをつけて、自分でサービスとして提供したいと思っていた会社見学情報。
自分自身がバックパッカーとして世界を旅し、旅先で会社や工場を見学した経験を持ち、では日本でどのような施設があるのだろうか、
そして調べた情報をみんなに共有できたら面白いのではないかと思ったのが理由の1つです。

そのほかにも理由が2つあります。
1つは、当時の政府が訪日外国人観光客数を年間1,000万人に目標設定すると宣言し、観光立国としての政策を強化すると発表したことです。
今では「インバウンド」という言葉がそれなりに浸透してはいるものの、当時はインバウンドはほとんど聞かれることのない、知る人ぞ知るキーワードだった記憶があります。
工場や企業博物館など産業観光を通じて日本のファンが増えたらという思いです。

もう1つは、当時の新興株を中心とした株式投資への個人投資家のスタンス。
投資対象がどういう商売をしているかなど把握することなく、チャートの動きを見て売買を繰り返す投機家が相場を乱していて、投資の本来あるべきとぼくが思う姿(投資対象の取り組みなどを理解したうえで応援するという意味合いで資金を投じる)と乖離していてどうも不健全だと感じたことも挙げられます。

これら複数の理由から、いるみるは立ち上がりました。

いるみるの特徴

いるみるは全国の工場、企業博物館、ショールームなど、消費者をはじめとしたステークホルダーと企業の関係を構築し、実際に足を運んでファンに成ってもらうことをそのサービスの特徴としています。
したがって、単に見学施設の情報だけでなく、企業によってはIRやCSR情報へのリンクも貼って、企業のことをもっと知ってもらうような仕組みを提供しています。

いるみるの目指すこれから

一時期は英語ページも用意して、外国人観光客に向けたページも用意していました。
ただ、メンテナンスが煩雑になってしまったなどの理由から、現在は日本語の情報のみです。
また、2015年の時点では1500箇所以上の施設情報を紹介していましたが、システムの都合から現時点は400箇所にとどまっています。
早急に収録情報を1500箇所まで復旧すると同時に、英語版も再リリースするなど、「インバウンド」という追い風に乗って、いるみるを成長させて行きたく考えています。

また、ときどきお問い合わせいただく外国人観光客からのツアー企画などのご要望に応えられるような体制(旅行業資格の取得)や、見学施設を運営する企業に対するPRやCSRなどの観点に基づいたコンサルティング業務も強化していきます。

各種お問い合わせやご要望、協業のご相談などについては、下記フォームよりメッセージを送っていただければと思います。

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文